風の吹くまま 気の赴くまま 2006~10年ジャカルタ在住


by jasmic56
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

思い出のチキンライス

<原宿 資生堂パーラー チキンライス>

今日テレビでチキンライスを見て、思い出した。

眼医者帰りに行っていた今はもうない原宿にあった資生堂パーラーのもの。
どこがスペシャルかって、まず銀のふたがついていてジャジャーン!と給仕の人が取ってくれる。
そしてその大きさ。一辺30㎝くらいあるのだ。(だいぶ昔だから若干記憶がゆがんでいるかも)
毎回おなかがはちきれそうになり幸せになって帰る。

そんな幸福感あふれる一品。

他の店舗の資生堂パーラーにはない演出と大きさだった。
いまは幻のチキンライス。
[PR]
# by jasmic56 | 2013-09-18 09:38 |

道の歩き方

うちの子供達は道を横に走る。
横に走りながら進んでいく。

車、自転車、人々に邪魔な進み方だ。
そして、危ない。

注意しても繰り返す。

そういうお年頃なんだろう。

めずらしいなと思うことにする。
[PR]
# by jasmic56 | 2012-03-27 20:39 | チビ太
今「ありがとう」を言ったり言われたりがいいね。という歌が流れていた。
沢山言ってありがとうの花が咲くといった歌。

そう。「ありがとう」って感謝の気持ちでいいことづくめだったじゃない!

でもね、インドネシアに来て言われたのが
「日本人はありがとうを沢山言うから軽く見られる。」

他にも「ごめんなさい」も多く言うと軽く見られる。気をつけてね。

それからインドネシア人との会話では気をつけている。

でも本来いいことだったんだよなぁ。そうやって育てられて、そうした環境で育ってきた。
違う国に来たのでその国にならって気をつけていたら、いつの間にか身についていたり、考えが変わってしまったり。

大丈夫だろうか、私。

日本で身につけていたものをちゃんと今も忘れずにもっているだろうか。
[PR]
# by jasmic56 | 2010-10-13 13:40 | ジャカルタのこと

雨、雨、洪水!

はーい、毎日毎日雨が降っています。

結局1年間降り続けています、こちらインドネシア、ジャカルタです。

午前中も、午後も、スコールで降ります。

雨粒が大きくて雪のようです。

遠くの空には、黒い雲から雨が流れ落ちている様子がわかります。
雲から縦長の黒いものが下に向かっているのです。

家にいると風物ですが、外で車に乗っていると恐怖です。

ちょっとの雨で道路わきは冠水し、川の近くは洪水です。

私の住んでいるところはまさに川の隣にあるので、外出している間に大雨が降ると家に帰れなくなる恐れがあるのです。

そういえば実家も川の前。
[PR]
# by jasmic56 | 2010-09-27 19:30 | ジャカルタのこと

運動をせねば

外も歩けないので運動量は0。しかし体重は減っているのだが。。

そこで、どのアパートでも付いているテニスコートでテニスを習っている。

球技は不得意で、小学生の頃授業で習った記憶では全て場外へとホームランだったような。
ニンテンドーのゲームと「エースをねらえ!」の漫画とウィンブルドンの中継に夢中になったくらいだ。

案の定初回の練習は20分でま横に倒れた。
中高の頃の厳しい部活動の名残で、つらくなっても他の人に言えない習慣が未だに身についていたのだ。

時間帯は暑くならない8時半から。しかし既に日が照って暑く汗だくだく。

しかも服装はすてきなミニスカートとかではなく、ひたすら日焼けしないように長袖長ズボンなのだ。
インドネシアの人たちがそれを気にかけているわけでもないので、お店には長袖のテニスウエアはない。
日本で売っている春物の長袖がちょうどいい。

そのうち上の子が3歳になりコートの横を歩いていたら先生に誘われてそのまま練習。

子供の練習を見ていて私もよくわかるようになる。

「下から上~」

「はい、足どこ?」

「1.2.3-」

子供はテニスが大好きだ。そのうち私より上手になるだろう。
a0036698_11421246.jpg

[PR]
# by jasmic56 | 2010-07-12 11:30 | ジャカルタのこと

W杯放送

海外生活の方は経験されているかと思いますが、こちらではオリンピックもW杯もNHKでは見られません。
「放送権の都合上」ってやつで。

なけりゃないで日常は過ぎていくので、新聞を見てちょっと興奮したりする程度かな。

今回の場合、見ようと思えば他のケーブルテレビで放送されていて、さらに日本人向け新聞にも「みんなで観戦したい人は~のお店に集合!」
と載っているのでそこへいけばかなりの人数が集まっているらしいです。

ひとつの都市の日本人全員が集まるので結構な数で楽しそうだ。

昨日、住んでいるアパートのファンクションルームに続々と赤い洋服を着た人たちが集合し始めた。

そして聞こえてきたのが


「テー ハミングッ!」


な、なつかしー

本物聞いちゃった。

前々回のW杯の時、勤めていた会社で韓国の応援が気持ちいいよね。ってことでなぜか仕事中に
みんなで両手を掲げ、この掛け声で盛り上がっていたことを思い出した。

そういえば今私の環境は、周りが韓国人でいっぱいなのであった。
a0036698_21220100.jpg

[PR]
# by jasmic56 | 2010-06-18 21:04 | ジャカルタのこと

ガス漏れ



昨日、散歩から帰って家のドアを開けると、それはもう臭かった。ガスの臭いが全ての部屋中充満していた。

全ての窓を開け、換気をつける。

ガス台の下を開けると強烈なガスの臭いが。

こちらのガスはLPガスでタンクをガス台の下に備え付け、無くなると交換する仕組みだ。

そのガスがなくなる寸前、毎回こうして部屋中に充満するのだ。

それっておかしくない?

危ないよね?

みんなこうなの?

みんなこうらしい。

知り合いの単身赴任の方は、怖いので家でご飯は作らず、全て外食にしているらしい。

最近赴任してくる日本人達はガスを使わないように全てIHにしているらしい。

新聞にはこのプロパンガスが爆発したという記事が時々出てくる。

ここインドネシアでは、安全が偶然と綱渡りの中に保たれている。
a0036698_14295033.jpg

[PR]
# by jasmic56 | 2010-06-16 14:30 | ジャカルタのもの
2曲あります。

a0036698_13422518.jpg五輪真弓「心の友」






a0036698_13431898.jpg宇多田ひかる「First Love」








「心の友」の方は、第2の国歌といわれているらしい。
いつから流行っているのか知らないけれど、スーパーなどで今も普通に流れている。
語学学校の先生もこれと「雨宿り」が有名よという。”雨宿り”はインドネシア語を使わず、日本語で言ってるわ。とのこと。
日本では「恋人よ」なのにインドネシアではこの曲が流行っているのが面白い。日本のヒット曲がそのまま輸入されているわけではなさそうだ。

「First Love」は、私の周りのインドネシア人の好き率が高い。着信音にしている人もいた。
ちゃんと歌いたいから訳してと頼まれている友人もいる。喫茶店で流れることが多い。

ジャカルタで聞く西洋のBGMは、20年くらい前のヒット曲が多い。
昔友人からラジオを録音してもらったテープを車で再生していたら、車から降りて入ったお店のBGMも同じ曲だった。時空を旅した感覚におそわれる。


因みに主人は一人、勝新太郎をインドネシアに広めようと毎日インドネシア人に聞かせていたら、
ついにその人はちゃんと歌えるようになり、日々の鼻歌まで勝新太郎になりましたとさ。
[PR]
# by jasmic56 | 2010-06-15 13:24 | ジャカルタのこと

逆走OK

朝、ふと隣を見ると、
中央分離帯の向こう側を走っている車が私の車と同じ方向に走っていた。



え?逆走?



車が多くていつも渋滞しているこの街では先へ急ぐためならなんでもありだ。


信号が故障して警官もいないと、我先にと全ての車が前へ進むので、十字路で編み物のように
がっちり車がつながって全く動かなくなる。

その状態で1時間過ぎたこともあった。
結局通りがかりの人たちが交通整理をして一台づつひも解いてやっとそこから抜け出せた。

そういうボランティア的な交通整理をする人達はオガーと言って、どこにでもいる。

急勾配の一方通行の入り口と出口には必ずいて切り盛りしてくれる。

そういう人たちには小銭を渡す。(小銭は日本円で5円以下のものだけ)

そして、その人達はたぶん、それで生活していると思う。
すごいな。と、思う。


そうそう、最初の逆走の話。
これは逆走ではなくて、朝の都心部へ向かう車が沢山いる時間帯だけ、反対車線を開放して
渋滞を緩和しているらしい。

合理的かもしれないが、いいの?って気が。

地下鉄もなく電車もバスも、もちろん徒歩も危ないこの国で車だけの生活をして早4年。
この車だけの生活はどこか狂ってる。
a0036698_2145891.jpg

[PR]
# by jasmic56 | 2010-06-15 12:31 | ジャカルタのこと

立って書く

思いついたときすぐに書いておかないと忘れてしまう。
座ると雰囲気が変わるので忘れてしまう。

立ったままメモしたい。

紙はすぐに手に取れる。
でも立ったまま鉛筆は書けない。

そこで筆だ。

筆だと手に持った紙にすらすらと書ける。
外にいても芝生に座っていてても関係ない。立てた紙に書けるのだ。

   筆!
[PR]
# by jasmic56 | 2010-04-23 12:28 | もの