風の吹くまま 気の赴くまま 2006~10年ジャカルタ在住


by jasmic56
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ジャカルタのこと( 23 )

今「ありがとう」を言ったり言われたりがいいね。という歌が流れていた。
沢山言ってありがとうの花が咲くといった歌。

そう。「ありがとう」って感謝の気持ちでいいことづくめだったじゃない!

でもね、インドネシアに来て言われたのが
「日本人はありがとうを沢山言うから軽く見られる。」

他にも「ごめんなさい」も多く言うと軽く見られる。気をつけてね。

それからインドネシア人との会話では気をつけている。

でも本来いいことだったんだよなぁ。そうやって育てられて、そうした環境で育ってきた。
違う国に来たのでその国にならって気をつけていたら、いつの間にか身についていたり、考えが変わってしまったり。

大丈夫だろうか、私。

日本で身につけていたものをちゃんと今も忘れずにもっているだろうか。
[PR]
by jasmic56 | 2010-10-13 13:40 | ジャカルタのこと

雨、雨、洪水!

はーい、毎日毎日雨が降っています。

結局1年間降り続けています、こちらインドネシア、ジャカルタです。

午前中も、午後も、スコールで降ります。

雨粒が大きくて雪のようです。

遠くの空には、黒い雲から雨が流れ落ちている様子がわかります。
雲から縦長の黒いものが下に向かっているのです。

家にいると風物ですが、外で車に乗っていると恐怖です。

ちょっとの雨で道路わきは冠水し、川の近くは洪水です。

私の住んでいるところはまさに川の隣にあるので、外出している間に大雨が降ると家に帰れなくなる恐れがあるのです。

そういえば実家も川の前。
[PR]
by jasmic56 | 2010-09-27 19:30 | ジャカルタのこと

運動をせねば

外も歩けないので運動量は0。しかし体重は減っているのだが。。

そこで、どのアパートでも付いているテニスコートでテニスを習っている。

球技は不得意で、小学生の頃授業で習った記憶では全て場外へとホームランだったような。
ニンテンドーのゲームと「エースをねらえ!」の漫画とウィンブルドンの中継に夢中になったくらいだ。

案の定初回の練習は20分でま横に倒れた。
中高の頃の厳しい部活動の名残で、つらくなっても他の人に言えない習慣が未だに身についていたのだ。

時間帯は暑くならない8時半から。しかし既に日が照って暑く汗だくだく。

しかも服装はすてきなミニスカートとかではなく、ひたすら日焼けしないように長袖長ズボンなのだ。
インドネシアの人たちがそれを気にかけているわけでもないので、お店には長袖のテニスウエアはない。
日本で売っている春物の長袖がちょうどいい。

そのうち上の子が3歳になりコートの横を歩いていたら先生に誘われてそのまま練習。

子供の練習を見ていて私もよくわかるようになる。

「下から上~」

「はい、足どこ?」

「1.2.3-」

子供はテニスが大好きだ。そのうち私より上手になるだろう。
a0036698_11421246.jpg

[PR]
by jasmic56 | 2010-07-12 11:30 | ジャカルタのこと

W杯放送

海外生活の方は経験されているかと思いますが、こちらではオリンピックもW杯もNHKでは見られません。
「放送権の都合上」ってやつで。

なけりゃないで日常は過ぎていくので、新聞を見てちょっと興奮したりする程度かな。

今回の場合、見ようと思えば他のケーブルテレビで放送されていて、さらに日本人向け新聞にも「みんなで観戦したい人は~のお店に集合!」
と載っているのでそこへいけばかなりの人数が集まっているらしいです。

ひとつの都市の日本人全員が集まるので結構な数で楽しそうだ。

昨日、住んでいるアパートのファンクションルームに続々と赤い洋服を着た人たちが集合し始めた。

そして聞こえてきたのが


「テー ハミングッ!」


な、なつかしー

本物聞いちゃった。

前々回のW杯の時、勤めていた会社で韓国の応援が気持ちいいよね。ってことでなぜか仕事中に
みんなで両手を掲げ、この掛け声で盛り上がっていたことを思い出した。

そういえば今私の環境は、周りが韓国人でいっぱいなのであった。
a0036698_21220100.jpg

[PR]
by jasmic56 | 2010-06-18 21:04 | ジャカルタのこと
2曲あります。

a0036698_13422518.jpg五輪真弓「心の友」






a0036698_13431898.jpg宇多田ひかる「First Love」








「心の友」の方は、第2の国歌といわれているらしい。
いつから流行っているのか知らないけれど、スーパーなどで今も普通に流れている。
語学学校の先生もこれと「雨宿り」が有名よという。”雨宿り”はインドネシア語を使わず、日本語で言ってるわ。とのこと。
日本では「恋人よ」なのにインドネシアではこの曲が流行っているのが面白い。日本のヒット曲がそのまま輸入されているわけではなさそうだ。

「First Love」は、私の周りのインドネシア人の好き率が高い。着信音にしている人もいた。
ちゃんと歌いたいから訳してと頼まれている友人もいる。喫茶店で流れることが多い。

ジャカルタで聞く西洋のBGMは、20年くらい前のヒット曲が多い。
昔友人からラジオを録音してもらったテープを車で再生していたら、車から降りて入ったお店のBGMも同じ曲だった。時空を旅した感覚におそわれる。


因みに主人は一人、勝新太郎をインドネシアに広めようと毎日インドネシア人に聞かせていたら、
ついにその人はちゃんと歌えるようになり、日々の鼻歌まで勝新太郎になりましたとさ。
[PR]
by jasmic56 | 2010-06-15 13:24 | ジャカルタのこと

逆走OK

朝、ふと隣を見ると、
中央分離帯の向こう側を走っている車が私の車と同じ方向に走っていた。



え?逆走?



車が多くていつも渋滞しているこの街では先へ急ぐためならなんでもありだ。


信号が故障して警官もいないと、我先にと全ての車が前へ進むので、十字路で編み物のように
がっちり車がつながって全く動かなくなる。

その状態で1時間過ぎたこともあった。
結局通りがかりの人たちが交通整理をして一台づつひも解いてやっとそこから抜け出せた。

そういうボランティア的な交通整理をする人達はオガーと言って、どこにでもいる。

急勾配の一方通行の入り口と出口には必ずいて切り盛りしてくれる。

そういう人たちには小銭を渡す。(小銭は日本円で5円以下のものだけ)

そして、その人達はたぶん、それで生活していると思う。
すごいな。と、思う。


そうそう、最初の逆走の話。
これは逆走ではなくて、朝の都心部へ向かう車が沢山いる時間帯だけ、反対車線を開放して
渋滞を緩和しているらしい。

合理的かもしれないが、いいの?って気が。

地下鉄もなく電車もバスも、もちろん徒歩も危ないこの国で車だけの生活をして早4年。
この車だけの生活はどこか狂ってる。
a0036698_2145891.jpg

[PR]
by jasmic56 | 2010-06-15 12:31 | ジャカルタのこと

今日の景色

上の子をプレスクールへ送ってそのまま日本食スーパーへ買い出し。

今日は卵がなくなったから「PAPAYA」だ。
うちはあそこの卵だけを買う。主人が食の安全までは冒険しなくていいというからだ。
12個500円は高いと思うが。

帰りに果物屋さんで山ほど買う。
まだ中華正月のみかんが山積みだ。もうマンゴーの季節ではない。そろそろちがう場所のものが出てきたか?
ランブータンももうすぐ終わるだろう。
だから今は定番のスイカ丸1個かマランのりんごとなる。
あと、ときどきドラゴンフルーツ。赤と白。
なるべく輸入物は買わない。地産地消。
買うときはイチゴジャムに混ぜるためのラズベリーくらい。日本より生のものが沢山お買い得で手に入る。

昨日から雨が続いている。川の水位が上がってきた。
水を確保しておこう。
ボトルを箱買い。歯磨き用の水を箱買い。合わせて6箱。
車社会はこういうとき助かる。

家に帰ると下のこは午前中の睡眠へ突入。
昨日点滴3本打ったから、サプリのようなおっぱいを十分飲んで満足げ。

この時間が好き。
さあ育児日誌書いて、ネット見てみよう。さあお茶は何飲もう?お10時は?
本当は日本からのとっておきのお抹茶を点て、この前モールで買ってきたアラビアのキャラメル味のナツメヤシでも。。
なんて想像するけど、この3日間恒例の下痢になってしまい点滴しか身体に入れていないので番醤茶か。
このお茶飲んでるとあっという間に貴重な梅干がなくなっていく。でもうまみたっぷりで好きだなぁ

お腹が空いてきた。
金曜だから子供のお迎えはご飯の後。
何作ろう。食べられるかな。

今日はこの後いろいろ用事が降ってくるんだった。
部屋の消毒、エアコン修理、テコンドー、刺繍おばさんに服をオーダー、日本へのお土産購入、予習。

あ、起きた。
お昼何作ろう

インドネシア4年目の雨期終盤の午前10時半
a0036698_12262921.jpg

[PR]
by jasmic56 | 2010-04-10 19:17 | ジャカルタのこと

学校へ

a0036698_12553914.jpg
今日からインドネシア語を習い始めました。
インドネシアに来てから実に3年目のことです。

インドネシアに来た当初は、習うといったら部屋に先生が来て週2回、1回2時間が良くあるコースでした。
1年やったらそろそろやめてもいいかもね。が合言葉。

おけいこで、先生の言葉を他の生徒さんに訳してもらったのでお礼を言ったら
「半年もすればこんなことわかるようになるのよ」と恥ずかしそうに言われたが、きっと3年経った今でも私にはその先生の言った言葉はわからないんではないかというレベルだ。

また、ある知り合いに「インドネシアへ来て半年習わなかったら本帰国(日本へ帰ること)まで習わないね」

そんなもろもろの事が頭から離れず、意を決して始めることにした。

まず、友人がジャカルタコミュニケーションセンター(JCC)へ通い始めた。
少人数制でなんだか楽しそうだ。そして通うという行為が勉強に刺激を与えるらしい。
そして他の人の話を聞くと、部屋に来てくれる先生に習うと世間話ばかりでなんだか先生の日本語のブラッシュアップをしているだけのようだった。
という感想が多数。

なにより週2回、1回1時間半で3ヶ月で終了というのが魅力的だ。やる気が起きて集中的にやって終わる。
今やったら4月には終わる予定だ。

昔、フランス語の夏季集中講座が5日間で、昼の授業で帰ってすぐ宿題をやって12時までかかるほど大変だったが、今思えば一番身について充実した時間だった。

プールサイドで電話をしてみる。入門か初級かを聞いてみる。
先生を呼んでくるのでテストを受けてくださいとのこと。
なぜかプールサイドで顔を青くしながらテストを受ける私。でもしゃべってみると電話でインドネシア人と話すなんて絶対無理!と思っていたが、案外いつもどおりの会話であった。
そうか、私は3年インドネシアにいるのだった。

まだ初めて間もないが、ノートと鉛筆で字を書いて勉強するのが新鮮。
[PR]
by jasmic56 | 2010-03-11 19:34 | ジャカルタのこと
日本は長寿国だといいますが、それは先進国だからでしょうか?
日本の食文化のせいでしょうか?

インドネシア人に「日本人は長生きなんでしょ?インドネシアは食べ物がすべて揚げ物だから短命よ」
なんていわれると悲しくなってしまいます。
インドネシアでは60歳くらいで長生きだそうです。

私の知ってる40代のインドネシア人などは70代に見ます。

やはりここの揚げ物文化は赤道直下のインドネシアならではだからでしょう。
一日中外で食べ物を売っている屋台では揚げ物が安全だと思います。

では60歳は短命なのか?
その土地で発達した食文化が身体に悪かったというのはなんだか腑に落ちません。それとも途中から
他の国の悪いものが入っているのか?

南国にいるとそこらで街路樹が果物をならせ飢えることの心配などないなぁとつくづく思います。
木にある実を食べ、夜も寒くなく、宿がなくても大丈夫。

平均寿命となると日本人よりは短いのかもしれない。
冬が、過酷な季節が人間に鞭打って強くしているのかな。
かといって冬だけではない、バランスのいい四季があるという場所に日本はあるのだろう。

今日も、買い物へ出かけた道の街路樹には沢山の赤いランブータンがたわわに実っています。
a0036698_1254793.jpg

[PR]
by jasmic56 | 2010-03-06 18:58 | ジャカルタのこと

英語は必要か?

英語だけで生活できるか?

インドネシアで生活が決まったとき、海外だから少なからずも英語が絡んでくるのではないか。という漠然としたことを考えました。来てみてやっぱりインドネシア語しか必要じゃないじゃん!と思い、さらに英語がどこに存在するの?と2年間ばかし思っていました。

 しかし、子供がプレスクールに通うようになって、まずプレスクールが英語の学校だったこと。
そして、他の子供のお母さんたちとのコミュニケーションが英語になったこと。そして割高料金で
(お金さえ払えば)英語オンリーで生活できるとわかってきました。近くの病院も100%英語ができるお医者さんのいる病院だし。
 こちらの中華系インドネシア人は日常に英語を使うので知り合いになると英語が必要になります。

例えばタクシー。インドネシアは日本よりはタクシーの運転手の英語できる率は高い。ここの会社のこのランクのタクシーは確実に英語OKというものがあるくらい。それもメジャーなタクシー会社。
 さらにバリ島などは外国からのお客が多いからほとんどできるのではないか?と思っていたら
以前バリ島へ行ったとき、全く英語ができない運転手だったらしく、お客さんが英語で一生懸命説明していてもお互い困った顔で平行線になっていたので主人が通訳に助けに行ったこともありました。

でも、やっぱりインドネシア語しか通じないところは多々あるので無理なとこは無理でしょう。

一番怖いのはなにかあったとき。
インドネシアでは10年前に暴動が起きたので、そのときの話を聞く度にどこにいつ逃げればいいのか等の情報はやはりインドネシア語ができないと不安だろうなと思うのです。
 空港への道路が一本しかないジャカルタでは、その道がふさがれてお金を要求されたりなど
怖い話を聞きます。

鳥インフルエンザなどまだまだ不安要素のある国なのでやはり言葉は重要です。

ここまで書いておいて、私はというと未だにインドネシア語を習っていません。旅行者用の本と
日常生活で聞き覚えた程度。これじゃいけないと毎月思うのですが。。。
[PR]
by jasmic56 | 2010-02-19 12:51 | ジャカルタのこと