風の吹くまま 気の赴くまま 2006~10年ジャカルタ在住


by jasmic56
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ジャカルタのもの( 13 )

ガス漏れ



昨日、散歩から帰って家のドアを開けると、それはもう臭かった。ガスの臭いが全ての部屋中充満していた。

全ての窓を開け、換気をつける。

ガス台の下を開けると強烈なガスの臭いが。

こちらのガスはLPガスでタンクをガス台の下に備え付け、無くなると交換する仕組みだ。

そのガスがなくなる寸前、毎回こうして部屋中に充満するのだ。

それっておかしくない?

危ないよね?

みんなこうなの?

みんなこうらしい。

知り合いの単身赴任の方は、怖いので家でご飯は作らず、全て外食にしているらしい。

最近赴任してくる日本人達はガスを使わないように全てIHにしているらしい。

新聞にはこのプロパンガスが爆発したという記事が時々出てくる。

ここインドネシアでは、安全が偶然と綱渡りの中に保たれている。
a0036698_14295033.jpg

[PR]
by jasmic56 | 2010-06-16 14:30 | ジャカルタのもの
a0036698_1856857.jpg


ことしもよろしくお願いします。

もう何年も更新していないような気分でしたが、ことしは去年よりは更新していきたいです。

上の写真はホテルのプールサイドにあった芋系のたぶん”くわずいも”。
あまりに実家にあったものと違って巨大だったのでアップ。
さすが南国。そしてその南国に午前中から外にいるのが間違っているな~などと思いつつ。
旅行気分で植物など眺めておりました。
あと蘭。
a0036698_18595222.jpg


ちょっと置いておくだけでこうやって根付くんだからいいなぁ。

こんな感じで南国のお正月は始まっています。
暑いー。
あ、もちろんクリスマスの飾りはあちこちで残っています。
クリスマスの幸せな感じは私の中ではなくなっていますが、きれいだからいいかまでには許せるようになりました。最初は気持ち悪くて嫌でした。
[PR]
by jasmic56 | 2010-01-06 19:07 | ジャカルタのもの
インドネシア人が喜ぶのは

既製品なんですね。人にもよりますが。

例えばお土産に母は羊羹などを勧めますが、そういう手作り感のあるものは対して喜ばれない。
工場でしか作れないようなビニール袋に入って印刷された飴やポッキーの季節限定品(ポッキー自体はインドネシアで売っているので)、コンビニで売られているようなお菓子が喜ばれるのです。

他にはドラ焼き、かまぼこ、あんこもの。日本では重宝される高級和菓子っぽいもの。そんなのは同じアジアのせいか似たようなものがあって、お値段100円そこそこ。たとえおいしい羊羹をもらったとして、それが1本5000円もするとは想像できないでしょう。

例えばお弁当箱に入っている笹の葉のビニール。それよりも本物の葉を毎回しいて出す方が普通。

例えば家にラックが欲しい。でもよくあるプラスチックのやつよりも、手作りでオーダーのラタンの方が安く売っていたりする。

工場で作るのは誰にもできないけれど、手で作れるものは材料と時間さえあれば安く作れる。この感覚。
私はあっさり身につきました。

日本だと、「1つ1つ手作りで。。。!」と銘打ってかなりお高くなっていますが。今の私としては技術や材料費があるとしてもあの日本の価格は高すぎな気がします。芸術性、創造性がプラスされるのはまた別の話、品ですが、今回の場合食べ物や日常品で。

本来手作りって自然なことだし、あたりまえなことだったのにね。


インドネシアでは生活を支える食費などが日本と比べてすごく安くて、作り手の時間を支えていけるのもあるのだとは思います。

車社会なので、道路脇には沢山のお店が品を出し、その隣でその品を作ってる様子が見られます。
 一人はコツコツと。一人は朝と夕方、同じ格好のまま同じ場所でなにもしていなかったりします。そのひとのせいで、隣のコツコツ仕事をしている人は暇つぶしで仕事をしているように見えてきます。
[PR]
by jasmic56 | 2009-06-23 12:07 | ジャカルタのもの

空中庭園

都市のホテル事情
a0036698_1234727.jpg
日本もそうですがビルが乱立するホテルにそうそうプールとお庭なんて敷地はない。

そうするとビルの上に作るんですね~
この写真、8階(たぶん)。

地上に普通に広い敷地であるところもありますが、超高層でビルに圧倒されるようなホテルは大概見晴らしのいい階にある。

その庭も地上と同じような南国の草花で満ち溢れていたりする。そして、外人さんたちもリゾートのように肌を焼いていたりする。

日本とかNYのホテルって(ホテル乱立後は知りませんが)泊まるだけでプールと庭はないもんね。季節の都合上か。

ホテルを見るときは、この庭とプールのロケーションも重要判断ポイントとなります。
[PR]
by jasmic56 | 2009-03-11 12:41 | ジャカルタのもの

花のある生活

植木鉢で買う
a0036698_1415872.jpg
果物屋さんに行ったら、入り口で蘭の寄せ植えを売っていた。
3種類1鉢で1500円くらい。安い。。。日本だったら。。。

南国ならではのことをしてみよう。ということで買ってみた。

本来花が大好きなので家には観葉植物や花をたくさん飾ろうと思っていたけれど、家には土も葉も平気で食べる人がいるので自粛していた。
 切花は一時期よく買っていたけど毎回行って、値段交渉して他の店との差はなかったか確認しながら山ほど買っては半日くらいかかって生けて、1週間ももたない繰り返しをしていたら疲れた。

安全な場所で鉢植えを売っていたので私にも買える!
普段目にするのは路上など危険を伴う場所で売っているので買えなった。

よくあるきれいな色ではないけれど、これもまたインドネシアっぽいので好き。

a0036698_14462286.jpg
ちなみにこちらが昔の切花のひとつ。きれいだなぁ

 
[PR]
by jasmic56 | 2009-02-22 14:28 | ジャカルタのもの

ジャカルタの個人病院

くつろぎの院内
a0036698_22201084.jpg
うちの家族がよく行っている個人病院です。特に主人が気に入ってます。日本人医師なので意思疎通ができるのでうれしいです。

日本の病院とは違い、すべてソファーでお茶(紅茶、緑茶、コーヒー、お水、お湯)飲み放題。(奥に映っているところ)
居心地がいいので、雰囲気的には風邪が病院でうつっちゃう。といった感じがしません。実際はどうだかわかりませんが。
 なにより人が少ないのがゆったりしていて、待ち時間でいらいらすることもなくリラックスできます。自分たち以外に2組以上いると、「おっ、今日は多いね」なんて話してしまいます。
[PR]
by jasmic56 | 2008-04-28 22:51 | ジャカルタのもの

花香るホテル

ダルマワンサホテル
a0036698_13552212.jpg
前回ハイティーのところで書いたお花の香りのおもてなしの正体その1.

こうやってランプの下に受け皿があってそこに花のつぼみが置いてあるのです。
このランプは特注なのでしょうか?受け皿のあるランプって他にもあるものなのでしょうか。

これは喫茶室にあるランプです。エントランスにあるのでいっそう花の香りが強くなります。
a0036698_142198.jpg
廊下にある花の正体その2.

ランプの受け皿の花と同じだけれど、こうやって枝振りから見ると見たことのない花だなと思う。この香りの強さはジャスミン系だと思っていたけれど、これはなんという花なんだろう。

私は香水もすべて花の香水にしていて、ジャスミンやくちなし等の香りの強い花が好きなのでもううっとり。

香りのおもてなしはすばらしい。
[PR]
by jasmic56 | 2008-04-06 14:07 | ジャカルタのもの

ガムランの調べ

インドネシアの音楽
a0036698_12472848.jpg

大きな古いホテルほど立派なガムランの演奏道具がおいてあって、運がいいと歌つきなどで演奏しているのに遭遇できます。
 バリ島などではホテルに着くとエントランスで常に演奏していたりしますが、ジャカルタでも堪能できます。

ガムランの演奏の番組を時々見ますが、夜通し演奏していて演奏者は疲れるどころかトランス状態に入って、これぞ神との交信といった感じでした。
 ずっと聞いていると日本の雅楽の音のかけらにも似て、自然や神への奉納といった音楽、またはアジアの地域性がなせる共通性なのでしょうか。

私はもっぱらマッサージの時に流れている録音のガムランが、一番身近で身体に染み入る時でしょうか。
 ホテルの演奏を聴いてお茶など飲んでいると、演奏者に対してふんぞり返って椅子などには座ってられず、リラックスできずに姿勢をただしてにっこり挨拶をしてしまう。
[PR]
by jasmic56 | 2008-02-16 13:03 | ジャカルタのもの

言葉の不思議

もっと「かたく」話してください

インドネシア語を知って、英語とかで気にならなかったところが気になっています。

日本語での表現とインドネシア語での物事の表現方法が違う言い方なのです。

例えば
冷房をもっと「弱く」してください→「小さく

大きな」声→「硬い

色が「濃い」→「老いた

激しい」雨→「大きい」(大雨とのことだろうけれども言うときは「大きい」だけを言うので違和感が)

確か、声が大きいというのは実際に考えると、音は「強弱」というし、定まっていなくて目に見えなくて「大きい」わけではないんだなぁ。「硬い」という言い方なのは声を大きくするときにのどに力を入れて硬くするからかな。とか考えてしまいます。

それと同じく色の濃淡は、年を取るほど年輪が重なって、味が出て色が濃くなる様と同じと考えているのかな。

語学というより国語とか想像力の問題になっているような。どう読み解くか。
なんてね。
[PR]
by jasmic56 | 2007-12-10 17:37 | ジャカルタのもの
味がある
a0036698_21495439.jpg
テレビはもっぱら日本のテレビをみているが、ときどき他のもまわしてみる。

するとこんな面白いすてきな内容不明の子供番組を見ることができる。

ほかにも「wonder pets」というハムスター、カメ、ひよこの写真を切り貼りしてアニメーションにしているかわいいものもある。

でもちゃんとその番組名と放送時間を覚えていないと2度と見られない。

チャンネルで覚えていると何ヶ月かで点検と称し点検のおじさんがすべてのチャンネルを変えてしまうのだ。
 前回はNHKを探すのに大変だった、1から回していって、やっと映ったのはもう諦めた頃の72chだったのだ。

それも最後の方になると同じ番組が何チャンネルにもまたがっていてもう新しいものがないんじゃないかというときに出てきた。

そういえばこの前オーストラリアチャンネルで「名探偵ポワロ」スペシャルをやっていて、これから毎週水曜日と宣伝していたのに肝心の時刻を確認できなかったためいまだ見られず。
[PR]
by jasmic56 | 2007-12-03 21:57 | ジャカルタのもの