風の吹くまま 気の赴くまま 2006~10年ジャカルタ在住


by jasmic56
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ガムランの調べ

インドネシアの音楽
a0036698_12472848.jpg

大きな古いホテルほど立派なガムランの演奏道具がおいてあって、運がいいと歌つきなどで演奏しているのに遭遇できます。
 バリ島などではホテルに着くとエントランスで常に演奏していたりしますが、ジャカルタでも堪能できます。

ガムランの演奏の番組を時々見ますが、夜通し演奏していて演奏者は疲れるどころかトランス状態に入って、これぞ神との交信といった感じでした。
 ずっと聞いていると日本の雅楽の音のかけらにも似て、自然や神への奉納といった音楽、またはアジアの地域性がなせる共通性なのでしょうか。

私はもっぱらマッサージの時に流れている録音のガムランが、一番身近で身体に染み入る時でしょうか。
 ホテルの演奏を聴いてお茶など飲んでいると、演奏者に対してふんぞり返って椅子などには座ってられず、リラックスできずに姿勢をただしてにっこり挨拶をしてしまう。
[PR]
# by jasmic56 | 2008-02-16 13:03 | ジャカルタのもの

初マクドナルド

ジャカルタのマック
子供の遊び場もあるのと、最近、日本で食べたいものと最近食べてないものを考えていたら(ものすごく暇人なので)そういえばマクドナルドはここ5年以上食べてないかも。と、思い始めたら食べたくて、食べたくてしょうがなくなりました。

さて、着いて注文カウンターへ行くと、机の上にメニューがない。
上の斜めになってる広告みたいなもので決めなくてはいけなかった。

予想はしていたが、品数が少ない。

ビッグマック
ダブルチーズバーガー
チーズバーガー
フィレオフィッシュ
マックナゲット
季節の限定品
他、ケンタッキーのようなチキン

デザートはアイス2種。

セットだと飲み物はコーラ、スプライト、ファンタ(ストロベリー味のみ)、アイスティー(甘すぎの市販品)。
セット以外だとミニッツメイトのオレンジジュースか、ミロのみ。

私はチーズバーガーセットで飲み物はスプライトにしてみました。
a0036698_1859144.jpg

パンの質感とか違うかな~と思っていたら結構日本と同じ。
違うなと感じたところはチーズの柔らかさかな。インドネシアの方が硬くて端が下向きではなかった。
ポテトも日本ほどあつあつではなかった。(日本が異常かな)
一番違っていたのはスプライトの味。(でも10年以上くらい飲んでないけど)甘さのほかに薬草?と思ってしまうような何か違う味が。水道で言えばカルキ臭のような。。怖かった。

その後チビ太がお腹をすかせたようなのでまたフィレオフィッシュセットを頼みました。
a0036698_1934844.jpg

こちらはなんの違和感なく懐かしい小学校のとき食べたなという味でした。
ただセットの紅茶は甘すぎてやはり身体に悪い感じが。

小さい子供と一緒にこんなジャンクフードを食べる私はどうかしてるかもしれませんが、よく言えばなるべくストレス溜めないようにしてるんです。

しかし、2セットも制覇するとやっぱりもう10年も食べなくていいかもと、満足(?)したのでした。
[PR]
# by jasmic56 | 2008-02-15 19:07 | ジャカルタの食

言葉の不思議

もっと「かたく」話してください

インドネシア語を知って、英語とかで気にならなかったところが気になっています。

日本語での表現とインドネシア語での物事の表現方法が違う言い方なのです。

例えば
冷房をもっと「弱く」してください→「小さく

大きな」声→「硬い

色が「濃い」→「老いた

激しい」雨→「大きい」(大雨とのことだろうけれども言うときは「大きい」だけを言うので違和感が)

確か、声が大きいというのは実際に考えると、音は「強弱」というし、定まっていなくて目に見えなくて「大きい」わけではないんだなぁ。「硬い」という言い方なのは声を大きくするときにのどに力を入れて硬くするからかな。とか考えてしまいます。

それと同じく色の濃淡は、年を取るほど年輪が重なって、味が出て色が濃くなる様と同じと考えているのかな。

語学というより国語とか想像力の問題になっているような。どう読み解くか。
なんてね。
[PR]
# by jasmic56 | 2007-12-10 17:37 | ジャカルタのもの

コーンクリーム缶

デルモンテの缶
a0036698_1057087.jpg

これがインドネシアで手に入るコーンクリーム缶です。なんだか変な中身の形状だと思いませんか?

日本にいたときは、私はアオハタのコーンクリームしか使ったことがなかったのですが、確か全体的にコーンの色(黄色)をしていたと思います。

しかし、このデルモンテのクリーム缶はとうもろこしがクリーム状になっているというよりもコーンのつぶつぶが透明のぶよぶよの液体のなかに浮いているといった感じです。

最初はその正体がわからず怖くてそのまま処分しようかとも思ったのですが、使ってみたらコーンクリームの味がしたので今では最初の頃の異様さも感じ取らずに使っています。

でもこの透明のぶよぶよはなんだろう?
[PR]
# by jasmic56 | 2007-12-09 11:02 |

雨期

迫ってくる雲
a0036698_1338116.jpg

今は雨期です。
年々ずれていっているみたいですが。(これも環境破壊の影響か)

普通の雨も降りますが、たいがいこんな感じの厚い雲が急におとずれて激しい雷雨となります。

もう何十回も経験済みですが毎回毎回見入ってしまいます。写真もビデオも何回も撮っております。

迫力です。
[PR]
# by jasmic56 | 2007-12-07 13:43 | ジャカルタのこと

ハッとする日常

ある日の午後の風景
a0036698_229191.jpg

チビ太が一人で遊んでいたところにこんなものが。

ちょっと目を奪われました。

なーんかきれいだな。

クリーニングのネクタイの袋におもちゃをつめているだけなんですけどね。

こういうのいいな。
[PR]
# by jasmic56 | 2007-12-05 22:12 | 子供
味がある
a0036698_21495439.jpg
テレビはもっぱら日本のテレビをみているが、ときどき他のもまわしてみる。

するとこんな面白いすてきな内容不明の子供番組を見ることができる。

ほかにも「wonder pets」というハムスター、カメ、ひよこの写真を切り貼りしてアニメーションにしているかわいいものもある。

でもちゃんとその番組名と放送時間を覚えていないと2度と見られない。

チャンネルで覚えていると何ヶ月かで点検と称し点検のおじさんがすべてのチャンネルを変えてしまうのだ。
 前回はNHKを探すのに大変だった、1から回していって、やっと映ったのはもう諦めた頃の72chだったのだ。

それも最後の方になると同じ番組が何チャンネルにもまたがっていてもう新しいものがないんじゃないかというときに出てきた。

そういえばこの前オーストラリアチャンネルで「名探偵ポワロ」スペシャルをやっていて、これから毎週水曜日と宣伝していたのに肝心の時刻を確認できなかったためいまだ見られず。
[PR]
# by jasmic56 | 2007-12-03 21:57 | ジャカルタのもの

マハカムホテル

こじんまりしたいい雰囲気
a0036698_17563984.jpg
こちらにきて初めて知ったホテルです。他の大型ホテルとは違い、小さい分温かみがある雰囲気です。

最近の私の感想は、「規模が小さいほどいいホテル」となってきています。(バリ島も同じく)たぶん、すみずみまで行き届くからだと思います。
a0036698_1834173.jpg

ここは長細い敷地で1、2階が吹き抜けで、その2階部分にビュッフェの場所があります。
お料理があるところも10歩でつきあたりのような範囲にすべてそろっています。

そしてそのなかに日本食も3分の1ほど占めているのです。ホテルが確かなのと、人が多く回転がいいのでお刺身なども鮮度がよくおいしかったです。

印象に残っているのはデザートでクレープみたいのをその場でコックさんが焼いてくれて、その中にアイスクリームをいれてくれるというサービスでした。クレープよりは生地が厚い分ぱりぱりしておいしかった。

他はやはりデザートですが、ケーキのとなりにソースがおいてあったこと。かけてたべてもよし。こんな風にお店風に自分で彩ってもよし。
a0036698_1893785.jpg


今回は夜に行きましたが、人も多く、ロビーでは結婚式の招待客でにぎわっていました。この日はとてもおめでたい日で、どこのホテルも混雑していました。(60年に1回の金の豚(亥)の年でイスラム教でもこの日がなんとかとか)タクシーを待っている間にこちらの老若男女の結婚式の衣装を堪能させてもらいました。
[PR]
# by jasmic56 | 2007-12-02 18:13 | ジャカルタの食

マリオットホテル

高級ホテルらしい日本食ビュッフェ
a0036698_17382989.jpg

日本食ビュッフェは他にもありますが、たとえホテルでも窓が一切なく、ホテルっぽさよりも日本食料理屋の雰囲気を重視しているところが多い。

でもマリオットホテルの日本食屋「明日香」は3回で、窓も広く天井も高く、「ああホテルにいるなぁ」と実感させてくれます。そういう外国でホテルに泊まっている雰囲気を味わいながらのビュッフェです。

さらに形式もお皿をもって取ってくるのではなく、あらかじめ何枚かのカードを渡されて、ほしい食事のところのシェフに渡してくるだけ。あとは座っているだけで席に運ばれてきます。

すき焼きの肉はほんのり霜降りになっていて大きさも大きいお碗くらいで他も十分いただけるのでよかったです。個人的には串焼きでししゃもがあったのがうれしかった。

そして、そして、主人の目がハートになってしまった最後のデザートは・・・・!
a0036698_17531866.jpg

チョコレート噴水がホワイトチョコだったのです。主人はチョコは白!の心情の人なのでこれだけでもうこのお店に高い評価をしていました。

私はデザートのところに他にはないトリュフなどの生チョコがケーキと同様に取れるのがとてもうれしいところでした。

日本から来た家族、友人は日本食ビュッフェというなら是非ここへ連れて行きたい。でも普段高級レストランのここがビュッフェをしているのは日曜のお昼だけ。
ジャカルタではホテルが多いためこのsunday lunch buffeがどこもお得なので、どこに決めるかは本当にまよってしまいます。
[PR]
# by jasmic56 | 2007-12-01 17:59 | ジャカルタの食

擬音語

音も文化?

言葉も違えば擬音語も違うのだなぁと感心します。

身体を洗うことは、
インドネシア語だとクシュクシュ
日本語だとゴシゴシとかですね。

おならの音は
インドネシア語だとド、ドー
日本語だとブー

この2つしかまだ違和感がありませんが、身体を洗う方は今では「クシュクシュ」の方が板についていて日本語で普段なんと言っていたか忘れてしまうほどです。おならの方は迫力があっておならを超えている気がします。
[PR]
# by jasmic56 | 2007-11-29 16:52 | ジャカルタのこと